年をとったら真っ白な髪もいいかな

美容院で染めるのはすごく髪がいたみますよね。
若い頃は白髪は気になるものですが、年をとってきたら真っ白な髪もいいものだと思います。

髪の量が少ないとあまり決まらないかもしれないけど、ふんわりした髪が作れる人なら真っ白もいいですね~。

白髪のままにしておいたほうが髪が傷まないし、髪や頭皮のためにもいいと思いますね。

白髪というのはメラニンが働いていないということですが、年を取ったらそれは自然なことなのかもしれない。

白髪で素敵な演出をしている人が芸能人や有名人にもいますよね。
なかなか素敵だと思いますよ。

オシャレをしたいなら、一部分だけメッシュをいれるとか遊び心を出してもいいと思うし!

ある程度の年齢になったら洋服などもそれなりにシックになりますね。
そういう装いに白髪というのはあうものですね。

私も年を取ったらヘナで染めるのもやめて白髪を楽しんでみようかなと思っています^^

白髪もパサパサだとおしゃれじゃないので、ちゃんとヘアケアはしたいですね。
艶のある白髪ってなんかおかしいかもしれないけど、白髪でもいろいろなんですよね。

ちゃんといいシャンプーを使うとか、シャンプーそのものの回数を減らすなどして髪にいいことをしていけば髪の健康は保たれます。
年をとtったら洗いすぎというのはいけないんですって。

60歳以上になったら、シャンプーは週に1回でもいいくらいだそうです。
頭皮の汚れとか匂い、かゆみが気になるので私はもっと洗っていますけど。

それにしても、洗いすぎると頭皮が乾いて抜け毛や薄毛の原因になるそうです。
匂いさえ気にならなければ髪はそんなに洗わなくてもいいのかな。

60歳を過ぎたら湯シャンでもいいかも。
湯シャンは慣れると便利ですけどね、今のところ私には無理です。

フケが沢山出てしまうしともかく頭がかゆい!
これって今までやってきたヘアケア(白髪染めなども含めて)の悪いものが出ているのかもしれないけど・・・

湯シャンや石けんシャンプーにして頭皮がすごく痒くなってフケもたくさん出てしまいました。

自分に合ったヘアケアを選択することも大事ですね!

毛穴の開きや肌の乾燥はスキンケアが間違っているのかもしれません

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ